ソードマン Edit

剣技に長けていて近接攻撃で無類の強さを誇る。
特にHPが他の職業より高い。
剣を中心とした色々な武器を装備でき、
強力な物理ダメージを与えるスキルなどを使用できる。

ソードマン(男)
ソードマン(女)

ジョブレベル50の時の加重値 : Str+7, Agi+2, Vit+4, Int+0, Dex+3, Luk+2詳細

ステータスタイプ Edit

STR型 Edit

  • 火力に主軸をおいたタイプ
  • 一撃の攻撃力を生かし、スキル攻撃を得意とする

STR-VIT型 Edit

STR-バランス型 Edit

STR-INT型 Edit

高いATKとSPを活用したスキル攻撃タイプ
一撃の威力を重視したタイプ

  • メリット
    高いATK
    スキル使用可能回数
    所持重量
    • 攻撃力の高さをさらにスキル倍率で上昇させ、一撃の威力を重視したタイプ
      SPの回復力次第で殲滅能力が上昇する。
      支援してくれる人がいればHPの心配もなく、存分に力を発揮できる。
      また、有り余る所持重量をいかし、回復材を大量にもっていくことで、HPを補うことが出来る。
  • デメリット
    避けない
    痛い
    SPが切れたら悲惨
    • 敵からの攻撃はすべて受けるものと考えておいたほうがいい。
      SP事情は回復材次第
      聖斧を回復に使えるのでは、と思うかもしれないが、その場合長所である殲滅力が削減されるのであまり考えないほうがいい。

VIT型 Edit

  • 高いHPを持つ剣士の特徴を生したタイプ
  • HP10000超えも可能
  • PTでは優れた前衛となる
  • 育成過程でVIT>>他ステでも、最終的にはSTR-VIT等のステに近くなる
    他ステとの絡みはそちらの項目をご参考に
  • 最終的にSTR-VIT等にする場合、VITを後回しにしたほうが育成がしやすいケースが多い

VIT-AGI型 Edit

避けつつも耐えるまさに肉壁
しかしPTでの需要は・・・

  • メリット
    高いHP,高いHP回復力
    高い回避率
    • PTで役に立つかどうかは動き次第であろう
  • デメリット
    二極では攻撃力が無いためソロはかなりキツい
    • AGI40〜60,VIT40〜60のバランス寄りなら、大器晩成であるがそれなりの強さを見せる(要高精錬武器防具)

VIT-LUK型 Edit

村正騎士のタイプの一つ
剣士ではかなり希少なステータス

  • メリット
    高いHP,高いHP回復力
    高い耐久力
    クリティカルによる必中
    高い完全回避率
  • デメリット
    2HQの無い剣士では攻撃力が不足気味になる
    そのため被弾が増える傾向にある
    • 耐えつつもクリタノシ───(゚∀゚)───!!!な人に

AGI型 Edit

  • 高い回避力、攻撃速度で狩場が広い
  • 2HQやAC等の恩恵が無いため、盾を持てる片手剣が一般的。
  • APSDの短剣、サイズ補正の片手剣、どちらでも修練は乗る。お好みでどうぞ。
  • とりあえず修練10HPR10バッシュ10はデフォ。急所攻撃もお忘れなく。
  • フランベルジュ(とクレイモア)は騎士・クルセ専用のため、装備の流用が出来ないことも。
  • AGIならプロボ10は取って損無し。
  • 基礎HPが低い剣士でABは心臓に悪すぎるので素人にはお勧めできない。
  • よって、移動時HP回復は心おきなく取っちゃって問題ないかと。
  • 広範囲殲滅スキルもライディングも無い剣士にインデュアの意義は極めて薄い。MB?ユメカラ(ry

AGI-STR型 Edit

高いFLEEとASPDを主軸とするタイプ
回避率と攻撃力を重視。

  • メリット
    高い回避率
    速い攻撃スピード
    高い殲滅力
    狩場の広さ
  • デメリット
    低い最大HP
    状態異常耐性の低さ
  • ステータス
    AGI90〜99,STR80〜100,DEX40〜60
    (STR,DEXは補正込みの値)
    FLEEを稼ぐためにAGI99にするか、STR等を上げる為にAGIを90〜95に押さえるかは
    スタイルやお好みで。AGI90↓はFLEEに困る場合もあります。
    DEXは50程度は欲しい。せっかくFLEEがあっても後半の敵に当たらないことも。
    VIT,INTはお好みで。あればある程いいですが、他ステと相談しましょう。

AGI-DEX型 Edit

ASPDを極限まで追求したタイプ
一次職随一の攻撃速度を体験したいあなたに。

  • メリット
    高い回避率
    速い攻撃スピード
    高い命中率
    • AGI-DEX二極,AGI特化装備,シーフセット(ASPD+5%),狂気P使用,短剣装備でASPD183が可能。(素手はAGI特化装備でASPD185)
  • デメリット
    低い最大HP
    状態異常耐性の低さ
    低い最大所持量
    低い殲滅力
    • いかに攻撃速度が速くとも一撃は軽い。手数で押すタイプ。
    • 2HQの無い剣士にとって村正はロマン武器です。
  • ステータス
    AGI99,DEX80〜99,STR9〜50
    DEXの値によってバランス寄り等、様々なタイプに分かれる。
    ASPDをどこまで追求するかがポイント。

AGI-LUK型 Edit

速い剣速とクリティカルで戦うタイプ
高速に繰り出されるクリティカルは爽快

  • メリット
    クリティカルによる必中
    速い攻撃速度
    高い回避率
    高い完全回避率
  • デメリット
    大抵はSTRが低いため殲滅力が低い
    それによる低い最大所持量
    低い命中率
    高Lukモンスターには太刀打ちできない(DEX,装備等による)
  • ステータス
    LUK50〜99,AGI80〜99,STR20〜70,DEX9〜20
    騎士の村正型はLUK>LVという指標があるが、村正を使わないのであればLUK>LVに拘る必要は無い。
    LUKは70↑からかなり連発できると体感できるようになるが、他ステを圧迫するので、ステータス計算機等を使ってよく検討することをお勧めします。
    • DEX1,VIT9でスタートする方法もあります
    • LUKの値によってはDC○サーベル等、特化C等を混ぜてもそれなりにクリが出せます

AGI-バランス型 Edit

浪漫とは、変化に富んだ大冒険や一大事業の意である。

  • AGI>DEX>VIT
    • 特徴
      高いFLEEを持ち、高ASPDによる攻撃速度は見るものに驚きを与え、尚且つ耐久性に優れ、幅広い狩場で活躍できる型である。
  • メリット
    AGI型の一番のデメリットである打たれ弱さ、泣けるような状態異常の回復速度を克服したいわばAGI型の浪漫ともいえる型である。はず。かも・・・
  • デメリット
    高いASPDを確保するためにはVITを削らなくてはならないため、AB狩りをするには硬さ、HP共に不安を残す。又、慢性的なATK不足、それを補う為のINTを見込めない為、最後まで隣の芝は眩しいほど青く見えることだろう。
  • 装備
    • 武器
      集めるだけ集める。優先順位として一番上にあるものは中型or目的の狩場の種族特化と言ったところだろうか。
    • 防具
      +4でも構わないが、余裕があるのなら過剰品を持つのが良い。
      無駄な装備の重さは命の細さ。DEF1を争うより回復剤積めるだけの重量を確保する方がよいかもしれない。
      即死でなければAGI型は回復剤連打で持ち直す可能性があるのでそれを頭に入れて装備を整える。
      鎧は各種属性かHPが欲しければHP7000到達が難しい為ペコペコよりプパ。序盤〜中盤はプパのみでも構わない。
      盾も各種族欲しいが、まずはリジットを持つのも手だろう。
      フードは避ける事が前提の為、木琴。ただ、如何しても被弾数が多くなるMOBについてはイミュンでも良いだろう。
    • アクセサリ
      古代アクセ前はSP確保のためにクリップ。刺すカードはスプリングラビットも面白いかもしれない。
      古代アクセ後はククレブローチがお勧めだがそれ以外でも良い。が、夢のASPD180到達はBase98あたりだろう。夢を取るか現実を取るか。あえて言うならば、夢を実現させる為には如何なる努力も惜しむべきではないのではなかろうか。夢を追うことこそが明日への糧となる。
  • 育成方針
    育成の基本方針としては、目標とする狩場の必要FLEEを押えるためのAGIを確保し、サブステを伸ばしていく。
    育ちの早い序盤にサブステのVITを完成させ、後半に攻撃速度と攻撃力の向上が期待されるDEXを上げたほうが精神衛生上好ましいかと思われる。また、AGI型のネックである死に易さを少しでも減らすという理由も挙げられる。
  • ステータス
    バーサク込み短剣装備時のASPDが180に到達し、尚且つステータス的に区切りの良いBase92の例、又Base99の例を記す。
    装備、支援の有無、ASPDとATKのどちらを取るかなどで細かい調整を入れる。
    DEXを極限まで詰めて(Lv99時装備補正無しでDEX57+3)その分VITへ割り振るのもいいかもしれない。その場合HP7000オーバーも夢ではない。
    • 中間ステータス例(亡者HB、マタ靴、ククレブローチ*2でAGI+9)
      Base92:Str13+7,Agi99+11,Vit46+4,Int1,Dex62+3,Luk1+2
    • 最終ステータス例(装備無し)
      Base99:Str13+7,Agi99+2,Vit46+4,Int18,Dex77+3,Luk1+2
  • 狩場選定
    広範囲の狩場へ行くことが可能であるが、ATK不足のために高DEF高HPのMOBは苦手となる。しかし、滞在時間と回復剤の消費量に関して言うならば光るものがある。
    中型特化を作りにくい現状(2006.5現在)では種族特化を持ち、前述のMOBのいない狩場がメインになるだろう。
    また、HP回復が発動するタイミングも問題になってくる為に、殲滅速度とMOBの沸きも重要。

INT型 Edit

  • 宝剣、聖斧などを駆使して戦う
  • かなり目立つ
  • 漢の浪漫
  • 走り書きメモ
    現在仕様(2006/5/6)AS系発動率(誤差範囲は今までの流れで修正)
    火宝剣・氷宝剣・雷宝剣・雷槍・獄炎槍10%
    ボンゴンc・毒蛙c・風幽霊c・桃木c2%
    隠者c5%
    ハイロゾc1%
    使ったことのない光の槍とか梟セットは不明。
    ※ハイロゾは0.5%の可能性大。誤差過ぎて数千回程度じゃ判別できなかった。
    ※光の槍は10%
    ※毒蛙2枚は無意味
    ※装備切り替えの罠:火宝剣⇒ばにる帽(FBLV1不発動)⇒氷宝剣(FBLV1・3、CBLV1不発動)

INT-AGI型 Edit

高いMATKとASPDを利用した宝剣・AS使いタイプ
回避率と所有武器で狩場の幅が変化する。

  • メリット
    高い回避率
    早い攻撃スピード
    魔法による高ダメージ
  • MATKとASPDの相乗効果が期待できる。
    STRの不足分は回避することを利用してプロボックを多用できる。
    聖斧を所有しているのであれば、lv3ヒールによる回復も可能、食材は緊急時以外使用せずにいける。
  • デメリット
    低い最大HP
    状態異常耐性の低さ
    所持重量
  • VITが一切ない場合、敵数が増えた際の対処、回避率が足りない状況、スタン時の深刻なダメージを考慮しておかなければならない。
    また、状態異常にもかかりやすいため、それなりの対処方法を用意しておいたほうがいい。
    所持重量の低さは、防具の重量を削る方法と消耗品の重量を削る方法でカバーしなければならない。うまく調整しておかないと狩場での滞在時間が極端にすくなくなってしまう。

INT-VIT型 Edit

敵の攻撃を耐えながら詠唱を行うタイプ
高いHPと防御力を利用して反射ASを有効に使える

  • メリット
    最大HP・HP回復速度
    魔法による高ダメージ
    • GXクルセのようなステータスではあるが、ぜんぜん違う。
      術者の欠点であるHP不足を克服しており、敵の攻撃を耐えながら詠唱を行える。
      また、範囲攻撃としてのMBからのAS発動コンボを利用することにより、群れの中でも生き抜くことが出来る。
  • デメリット
    回避率の低さ
    詠唱速度
    殲滅スピード
    • 問題となるのは、最大HPが高い分回復も面倒であり、高すぎるATKを持った敵に対しては、なかなか思うように戦うことが出来ない。
      そのような敵に対しては、詠唱していてはその間にやられてしまうため、対処に困る。
      群れに対してのMBの利用は有効手段であるが、逆に1対1の戦闘の際は、攻撃速度の遅さが気にかかる。

INT-DEX型 Edit

高速詠唱から繰り出されるボルト
マジシャンのような剣士

  • メリット
    高速詠唱
    魔法による高ダメージ
    命中率の高さ
    • 高いDEXを活用した詠唱速度を振りかざす。
      INTとDEXのバランスにより殲滅力は上昇していく。
      スクロールの実装により使用できる術の範囲が広くなった。
  • デメリット
    接近戦が苦手
    FWの有無
    SP最大値の低さ
    • もっとも大きな問題は、FW

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-26 Fri 00:57:17 JST (3490d)